誰か力を貸して下さい。私の両親の話です。 2012.12に中古物件を購入しました。 70



誰か力を貸して下さい。
私の両親の話です。
2012.12に中古物件を購入しました。
70...

誰か力を貸して下さい。
私の両親の話です。
2012.12に中古物件を購入しました。
700万位で探していて、買った物件は築35年位で550万。
手直しを入れて800万弱だったと思います。
その後も住ん でみないとわからない手直し部分も沢山あり、ちょこちょこ直していたのですが、最近気付いた大きな欠陥が...。
この家は裏の家との高低差が2〜3mほどあり、境界の部分をただのブロックを積んで壁を作りフェンスをしてる状態なのですが、その壁となってるブロックの所からだいぶ裏の家側に傾いてる事に気づきました。
倒れてしまってからでは遅いと、色々業者に見に来てもらってビックリ!!下から全部やり直さないとダメと言う事が判明。
しかも、壁をブロックで作ってる事自体が今では建築条件に引っかかるそうです。
金額的にも200〜300万はかかると言われ、途方に暮れてます。
どこの業者さんも上から見た分には年数と共に多少はズレてくるもんだから大丈夫と言う感じだったのですが、離れて真横から見たら地盤まで見え始めてるらしく、これはダメ!と。
素人さんが見つけるのは難しい欠陥。
一度不動産屋に言うべきだとか、最悪訴訟を起こして戦うべきだと言ってくれます。
仲介に入ってもらっていた不動産屋にかけあっても、買ってしまった以上は...。
みたいに口を濁すばかりです。
何分、老夫婦な上、お金も工事に回すと貯金が無くなる状態です。
弁護士さんに力になってもらって勝てる状況でしょうか? *最初の物件の注意欄にはブロック2個破損あり。
の添付はありました。


友人から不動産担保でお金を貸して欲しいと言われました。どのように手続したら、...



友人から不動産担保でお金を貸して欲しいと言われました。
どのように手続したら、...

友人から不動産担保でお金を貸して欲しいと言われました。
どのように手続したら、良いですか?

亡き父が立てた不動産(アパート)があるのですが、現在も返済中で返済完了予定が平...



亡き父が立てた不動産(アパート)があるのですが、現在も返済中で返済完了予定が平...

亡き父が立てた不動産(アパート)があるのですが、現在も返済中で返済完了予定が平成33年です。
そのアパートを建てる時に亡父が実家を担保に入れた為、困っています。
約築25年ほど経つアパート(名義は母)の返済で困っています。
これまでは、入居者がずっといたので、その収入から返済をしていたのですが、最近、引越しが相次ぎ収入が減り、これまでの様に賃料収入を銀行へ返済しておりましたが来月からできなくなってしまいました。
母は現状、国民年金とアパートの収入(賃料ー銀行返済=差額)で何とか暮らしていました。
母が暮らす実家があるのですが、アパートを建築の際、その実家を担保に取られたため、 アパートの銀行返済が滞ったら、実家まで、取り上げられ、行く先もなくなってしまうのではと、 心配しております。
私は、障害者で、仕事も出来ず、国に助けて頂いている身で、金銭的援助が出来ません。
(別居中) 母は心臓病を患っており、ほとんど寝たきりで、今後が不安です。
銀行に毎月の返済が出来なくなった場合、実家もアパートも銀行の差し押さえにあうのでしょうか? 何とか、実家だけは、残る様にならないのでしょうか? 不動産の知識が無くて、まず、どこに相談していいか、どう相談していいか、それすらわかりません。
どうか、お力添え頂きたく宜しくお願いします。


妻と離婚する事になりました。私名義で住宅ローンを組んでるマイホームに、そのま...



妻と離婚する事になりました。
私名義で住宅ローンを組んでるマイホームに、そのま...

妻と離婚する事になりました。
私名義で住宅ローンを組んでるマイホームに、そのまま妻と二人の子供が住んで、私が出て行くことに決まりましたが・・・ ローンはそのまま私が渡たす生活費(養育費含む)の中から妻が支払っていくことになりました。
が、私としては家の名義とローンの名義が私のままで、この先にもし支払いが滞ったりした時にどうなるのか不安に感じてます。
この場合、家を担保に借り入れをしてる銀行に連絡しなくてはダメでしょうか? また、家の名義も妻に変更するべきでしょうか? ちなみに妻も一応働いておりますが、年収は200万くらいです。


JAPANトータルエステートの不動産担保ローン

不動産担保ローンの使途は自由だってご存知でしたか。
最近の融資は使途が限定されている場合があります。

従い、銀行のフリーローンや目的別ローンに申し込んだけども使途が問題で審査に通らないということも起こり得るわけです。

そのようなときには、不動産担保ローンを活用する方法があります。
続きを読む
タグ:低金利
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。